1. シェアハウス検索結果

品川・蒲田・大森のシェアハウス

最新投稿写真2017.11.18

現在の検索条件
品川・蒲田・大森

25 件中 / 1~25件表示

25 件中 / 1~25件表示

  • 1

シェアハウスコラム

かつて海に臨んだ湾岸エリア-品川 その交通網とシェアハウスは

品川のシェアハウスは大規模なものもありますが、小さなマンションや民家などをリノベーションした、中から小規模のものが多くなっています。

品川と聞くと各企業の本社やオフィスが多く、ビジネスの拠点と云った印象が強いかもしれませんが、高輪などの高級住宅街にも近いエリアです。

品川駅は三田や高輪などの在る武蔵野台地の裾野に位置しており、開業当時線路は海岸線に沿っていて、意外かもしれませんがかつて駅から東側には海が広がる風景でした。現在高層ビルが建ち並ぶ大部分の場所は、明治期以降に埋め立てられた造成地です。品川駅は東海道新幹線が停車する様になってからターミナル駅としての役割も高まりましたが、元々JR山手線、京浜東北線、常磐線、横須賀線、湘南新宿ライン、東海道本線や、京急本線、京急空港線などが乗り入れており、都営浅草線の高輪台駅も徒歩圏内という交通の重要拠点。近年では品川~田町間に山手線の新駅が開業される事が決定しており、それに伴って大規模な周辺地域の再開発も進行しています。

駅南側には昭和の情緒溢れる住宅街が広がり、東側では近代的な高層ビルが林立する、ちょっと不思議なこのエリアをシェアハウスで楽しんでみてはいかがでしょう♪

新旧のイメージが鬩ぎ合う街-蒲田 その利便性とシェアハウスは

蒲田のシェアハウスは大規模なものもありますが、多くは民家や小さなマンションをリノベーションした規模の小さなものになっています。

蒲田駅にはJR京浜東北線が乗り入れ、東急多摩川線、東急池上線の起点駅が接続しています。そこからは少し歩きますが、京急本線、京急空港線が乗り入れる京急蒲田駅も近くにあり、環八通りや第一京浜、第二京浜といった幹線道路にも近い事から、交通の利便性も良くなっています。また、京急蒲田駅から羽田第1ターミナル駅まではたったの15分ほどとかなり近いので、飛行機をよく利用する人には注目のエリア。

蒲田と聞くと、町工場やそれに付随する昭和テイストの酒場のイメージですが、かつて大正期から昭和初期にかけて、ハリウッドから技術者を招いて作られた大規模な撮影所・松竹蒲田撮影所が置かれていました。撮影所が大船に移転してからは流行の最先端と言われた様な華やぎは影を潜めましたが、高度経済成長期を経て再開発が進みつつある街となっています。戦後の焼け跡の闇市から発展して来たのが蒲田の商店街ですが、ここでは下町的な雰囲気も味わえます。

地元の八百屋さんにオマケをしてもらったり、声を掛けられたりする様な情緒をシェアハウスで愉しんでみませんか♪

閑静な住宅街も見られる海辺の街-大森 その環境とシェアハウスは

大森エリアのシェアハウスは、民家やアパートをリノベーションした小~中規模のものがほとんどで、大規模なものはありません。

東京と横浜のちょうど中間くらいの地点に在るJR大森駅には、京浜東北線が乗り入れています。東側には京急本線が走っており、京急の大森海岸駅も徒歩圏内なので、羽田空港へのアクセスも良好。バス路線も、池上線方面を経由して蒲田へ至る路線など、数多く運行されています。また、環状七号線や第一京浜に挟まれたエリアなので、自動車での移動にも便利です。

大森は貝塚が有名ですが、今でも海にほど近く、湾岸エリアに在る平和の森公園やみなとが丘ふ頭公園、ちょっと足を伸ばして城南島海浜公園など、数多くの海辺の公園が利用可能。しながわ水族館も近いので、休日などには気軽にお魚さんたちに会いに行けます。やや規模が大きな商業施設や大型のスーパーなども在り、日常の買い物などに不便を感じることはありません。駅の西側はすぐに高台となっていて、そちらには山王(さんのう)と呼ばれる古くからの高級住宅街が広がっています。

大森のシェアハウスに住んで、閑静な住宅街と海辺の賑わいを堪能してみてはいかがでしょう♪

生まれ変わった再開発の街-大崎 その利便性とシェアハウスは

大崎エリアのシェアハウスは、やや規模の大きなものも在りますが、民家やマンションのフロアをリノベーションした、小規模なものがほとんどです。

大崎駅はJR山手線、埼京線、湘南新宿ラインが乗り入れており、東京臨海高速鉄道・りんかい線の起終点駅となっています。お隣の品川駅まで約3分、新宿駅や東京駅までは15分ほど、乗り継ぎは必要ですが横浜駅にも20分ほどと云う好アクセス。西口にはバスターミナルが整備されており、路線バスに加えて成田へのシャトルバス、各方面への高速バスも数多く運行されています。

大崎は羽田空港にも近いのでビジネスエリアとしてのニーズは高く、注目されている地域です。かつては駅周辺に大手企業の工場が広がる工業地帯でしたが、1982年に東京都の副都心計画のエリアに指定されると工場群は次第に移転して行き、駅周辺では大規模な再開発が進んでマンションやオフィスビルの建設が盛んに行われました。かつては働く人の街でしたが、今では居住人口が増えたことからスーパーなども充実しており、日常生活に不便はありません。

利便性に優れた大崎のシェアハウスから、生まれ変わった街の表情を愉しんでみてはいかがでしょう♪

  • 品川
  • 蒲田
  • 大森
  • 大崎