1. シェアハウス検索結果

渋谷・恵比寿・下北沢のシェアハウス

最新投稿写真2017.11.18

現在の検索条件
渋谷・恵比寿・下北沢

34 件中 / 1~30件表示

34 件中 / 1~30件表示

シェアハウスコラム

常に変わりゆく再開発都市-渋谷 その生活空間とシェアハウスは

渋谷エリアのシェアハウスは、比較的沢山の方が利用できる大規模なものが多くあります。おしゃれ感を前面に出したデザイナーズ系や、ノマド系とでも呼べそうなシェアオフィスの様な空間を備えたものから、ビルのワンフロアだけをシェアハウスに改装したもの、また、民家を可愛くリノベーションした女性向けのものまで、様々なタイプが揃っています。

渋谷と聞くと最近では観光名所の様に扱われる、ハチ公口前のスクランブル交差点や駅周辺の繁華街や歓楽街がイメージですが、駅から少し離れれば柿の木坂や松涛、青山と云った古くからの高級住宅街が広がるエリアでもあります。

また、渋谷駅は利用出来る路線も多く、JR山手線、湘南新宿ライン、埼京線が乗り入れ、東急東横線、東急田園都市線、京王井の頭線、東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線が渋谷駅を起点としています。東急東横線が東京メトロ副都心線と相互乗り入れを実施して、高架に在った駅を地下に移した事から、駅周辺では大規模な再開発が活発に行われていて、街の形は大きく変貌して行く過程にあります。

そんな渋谷のお洒落なシェアハウスに住んでみて、変わりつつある街の姿を見守ってみるのも愉しいかもしれません…♪

グレードの高い大人の街-恵比寿 その町並みとシェアハウスは

恵比寿のシェアハウスは大規模なものがあまり無く、民家や集合住宅をリノベーションしたものがほとんどです。

恵比寿駅にはJR山手線、埼京線、湘南新宿ラインが乗り入れており、東京メトロ日比谷線も接続しています。代官山や広尾も徒歩圏内である事から人気も高まり、住みたい街ランキングでも常に上位に位置しています。駅周辺の目立った商業施設は駅ビルのアトレくらいしか在りませんが、周辺の小さくてオシャレなお店は、まさに密集していると表現出来るでしょう。

恵比寿の地名の由来となったのは、かつてエビスビールの工場が在ったから。今では想像できませんが、恵比寿駅にはその輸送の為に貨物専用の施設も設置されていました。工場が移転した後、跡地を再開発して作られたのが、おしゃれスポットの複合施設・恵比寿ガーデンプレイスです。クリスマスのイルミネーションなどのイベントがカップルに人気ですが、位置的には恵比寿駅と目黒駅のちょうど中間くらい。専用の動く歩道が設置された通路があるので通うのも苦ではありませんが、その周辺は住宅地で、中にポツリポツリと隠れ家の様な高級飲食店が見られたりします。

おしゃれな大人の街・恵比寿を、シェアハウスで愉しんでみてはいかがでしょう♪

個性的な店舗と再開発の街-下北沢 その利便性とシェアハウスは

下北沢のシェアハウスは、マンションや民家をリノベーションした規模の小さなものがほとんどで、大規模なものはありません。

下北沢駅には京王井の頭線と小田急小田原線が乗り入れており、井の頭線で急行を使えば渋谷に5分、吉祥寺には13分、小田急線を使って新宿にも10分ほどしかかからず、朝・夕の通勤時間帯にはひっきりなしに電車が到着しています。また、小田急線は東京メトロ千代田線と直通運転を行っているので、こちらを利用すれば原宿・青山方面にも乗り換えなしで行けてしまうアクセスの良さ。

下北沢は“下北(シモキタ)”と呼ばれる人気スポットです。基本的には規模の小さな街ですが、駅周辺の繁華街を中心に、小さなお店がひしめき合っています。建ち並ぶお店はどれも個性的で、ライブハウスや雑貨店、アンティークな古道具屋さんや古着屋さん、中古のレコードやCDを扱うお店、飲食店や雑貨店などが独特の雰囲気を醸し出しています。また、本多劇場やザ・スズナリなどの劇場や劇団が在って、役者を目指す人の住む街としても知られています。

小田急線の地下化に伴い再開発が進むこの街を、シェアハウスから見守ってみるのも面白いかもしれません♪

落ち着いた大人の顔を見せる街-目黒 その環境とシェアハウスは

目黒エリアのシェアハウスは、民家や小規模なアパートなどをリノベーションした小規模のものがほとんどで、企業の寮などをリノベーションした中規模なものはあまり多くありません。

目黒駅にはJR山手線、東急目黒線、東京メトロ南北線、都営地下鉄三田線が乗り入れています。JRを使えばオシャレエリア・恵比寿のお隣で、渋谷からも二駅、東急目黒線は東急東横線と接続しているので横浜方面への移動も容易、その上、東京メトロ南北線を使えば麻布十番や六本木方面にも乗り換え無しでアクセス可能。また、路線バスも大岡山、二子玉川、三軒茶屋方面などに多数の路線が運行しており、運行本数が非常に多いのも特徴的です。

目黒駅の周辺は繁華街が広がり、権之助坂商店街の様に個性的な飲食店街も在りますが、元々は住宅街として知られています。東京都庭園美術館や林試の森公園など、緑も豊かで住みやすい環境は人気が高く、区域には多くの芸能人が住んでいると云った特徴も。ネパールやポーランドなどの在外公館が多く在ることから、治安の良さも伺えます。

まずは目黒の個性的なシェアハウスから、お洒落な生活を覗いてみてはいかがでしょう♪

有数のオシャレスポット-中目黒 その雰囲気とシェアハウスは

中目黒エリアのシェアハウスは、民家をリノベーションした小規模な物がほとんどで、企業の寮などをリノベーションした中規模なものは僅かしかありません。

中目黒には東急東横線と東京メトロ日比谷線が乗り入れており、日比谷線の起終点駅でもあります。

東急東横線を使えば横浜や渋谷に乗り換え無しでアクセス可能で、副都心線との相互乗り入れをしているため、原宿・青山方面への移動もストレス無く出来、東京メトロ日比谷線を使えば、六本木や銀座などへも楽々移動が可能です。また、恵比寿駅には徒歩15分ほどで行けるので、山手線を利用すれば品川や東京方面にも乗換なしで到着できます。バスは渋谷や大崎・大井町方面への路線が運行していて、利便性の向上に一役買っています。

中目黒は最近では「ナカメ」と呼ばれる、人気のエリア。また、徒歩圏内の代官山に次ぐオシャレスポットとして、ハイクラスな雑貨店や個性的なショップが軒を連ね、美味しいメニューを提供する飲食店などが建ち並びます。その一方で、昔ながらの商店もしっかり残る、情緒豊かな土地柄です。

お洒落な街・中目黒のシェアハウスから、都内でも有数なハイセンスエリアを堪能してみるのもおすすめです♪

変わらぬ魅力が溢れる街-三軒茶屋 その利便性とシェアハウスは

三軒茶屋(さんげんぢゃや)のシェアハウスは、民家やアパートなどをリノベーションした小規模なものものがほとんどで、こだわりのコンセプトでお洒落な雰囲気を演出したものばかりとなっています。

三軒茶屋駅には東急田園都市線と路面電車の流れを汲む東急世田谷線が乗り入れており、田園都市線を使えば渋谷までたったの2駅。また、渋谷から出ているバスの路線は三軒茶屋経由のものが多く、終電を逃しても深夜バスを使って帰って来られると云う利便性を誇ります。

“三茶(サンチャ)”と呼ばれる印象的な三軒茶屋の名称は、江戸時代に社寺参詣ブームで賑わった大山道と登戸道の追分(分岐)周辺に、3軒の茶店が並んでいた事に由来しています。今も当時の大山道とほぼ同じ場所を走る国道246号線と、世田谷通りが街を分断する形になってはいるものの、駅周辺には沢山の小さなお店やレトロな商店街の風景がみられます。周辺地域の中でも屈指の商業地域ですが、駅から少し離れると住宅街が広がっていて、吉祥寺や自由が丘、恵比寿などと並んで住みたい街のランキングに名を連ねる人気のエリアとなっています。

“三茶”のシェアハウスに住んで、その利便性と雰囲気を堪能してみてはいかがでしょう♪

  • 渋谷
  • 恵比寿
  • 下北沢
  • 目黒
  • 中目黒
  • 三軒茶屋