1. シェアハウス検索結果

さいたまのシェアハウス

最新投稿写真2017.11.21

現在の検索条件
さいたま

10 件中 / 1~10件表示

10 件中 / 1~10件表示

  • 1

シェアハウスコラム

首都に近く副都心を擁する都市-埼玉 利便性とシェアハウスは

埼玉のシェアハウスは、企業などの寮やマンションをリノベーションしたものが多くありますが、趣きのある民家をリノベーションしたものなどもあり、コンセプトは様々です。

規模が大きいものはデザイナーズ系のコンセプトでリノベーションされたものもたくさん在って、一見すると普通のマンションの様ですが、中に入ると個性的で素敵な空間が広がっているものも。そう云った物件は共用のリビングも広く取ってあり、設備も充実しています。

埼玉は東京の北に位置する、平野部がほとんどのエリアですが、県西部に秩父山地があり、首都圏からも紅葉や遠足やハイキングを楽しむ人が多く訪れています。埼玉の平野部には東京から乗り入れた鉄道路線が放射状に伸びていて、その沿線には都市が形成されて来ました。主な鉄道路線はJR埼京線、湘南新宿ライン、高崎線、京浜東北線を始め、西武池袋線、東武東上線、東武伊勢崎線、東武スカイツリーラインなどの私鉄が乗り入れ、各都市を結んでいます。つまりは東京のベッドタウンとして発展して来たエリアなので、交通の便も良く生活もしやすくなっています。

近年では主要な駅周辺で再開発も始まっている“埼玉都民”の街を、シェアハウスから眺めてみるのも楽しいかも♪

広いエリアを持つ商業地域-浦和 その利便性とシェアハウスは

浦和エリアのシェアハウスは、民家をリノベーションした二部屋ほどの小じんまりしたものから、企業の寮などをリノベーションした中~大規模なものまで様々在ります。

さいたま市内で最も古い駅である浦和駅には、JR京浜東北線、宇都宮線、湘南新宿ライン、高崎線などが乗り入れており、乗り換えせずに都心まで30分以内にアクセス可能で、その上ほぼ全ての特急列車が停車します。バス路線も多く運行されていて、駅と駅の間や病院、団地などへの利便性がはかられています。また、浦和は周辺にJR武蔵野線の東浦和駅、JR京浜東北線と武蔵野線が乗り入れる南浦和駅、京浜東北線の北浦和駅、JR埼京線の中浦和駅、JR武蔵野線と埼京線が乗り入れる武蔵浦和駅、JR武蔵野線の西浦和駅と、「浦和」の名称が含まれる駅が多数位置しています。浦和市は東京とほど近いこともあり、一駅移動するだけで行動範囲がぐんと広がるエリアとも言えるでしょう。

駅周辺にはさいたま市や県の行政機関をはじめ、大型の商業施設が建ち並び、生活面での利便性も抜群です。

浦和エリアのシェアハウスに住んで、生活の質を向上させてみてはいかがでしょう♪

再開発で一変した景観を持つ街-川口 その利便性とシェアハウスは

川口エリアのシェアハウスは、店舗をリノベーションしたやや規模の大きなものも在りますが、民家やマンションのワンフロアをリノベーションした小規模なものがほとんどです。

川口駅にはJR京浜東北線が乗り入れており、秋葉原駅まで約25分、東京駅まで30分以内、赤羽駅で埼京線に乗り換えれば新宿まで約25分と云う利便性の良さ。少し離れていますが、東側には埼玉高速鉄道線の川口元郷駅が在り、起終点駅の赤羽岩淵駅を介して東京メトロ南北線と直通運転を行っています。また、路線バスも舎人駅や草加駅、浦和方面など、非常に多く運行されており、東京だけでなく埼玉県内で働く人の利便性向上に一役買っています。

川口は元々江戸時代に開かれた日光御成街道の宿場で、後に鋳物工業の街として知られましたが、今では周辺に在った工場も閉鎖や移転が進んで再開発が進み、その面影を見る事は出来ません。駅周辺にはデパートをはじめとした大型の商業施設から個人商店なども充実していて、日常の買い物も楽しく進みます。

都心へも県内にもアクセス便利で生活環境が充実した川口のシェアハウスでの生活を、この機会に始めてみてはいかがでしょう♪

  • 埼玉
  • 浦和
  • 川口